【車庫証明の要件】車庫証明の駐車場や場所に条件はある?

2022年11月3日

車庫証明で申請される駐車場は、自動車をきちんと停められるスペースがあることはもちろん、その他の要件がありあます。

要件が満たされないまま申請をすると、訂正を求められたり、許可されない場合もありますので注意が必要です。

こちらでは『車庫証明で申請される保管場所の要件』について解説いたします。

車庫証明の保管場所(駐車場)の要件

①自宅から駐車場まで直線で2km以内。

②駐車場の使用権限を有する。
使用権限とは、自身の所有であったり、賃貸契約などをして駐車場を使うことが許されているということです。

③駐車場から道路へ支障なく出入りできる。

④自動車全体が収容でき、前後左右に50cm余裕がある。
大きさの要件は具体的には以下のようになっています。車より多少大きければ問題なく、舗装・区切りされた完全な車庫でなくても問題ありません。
・乗り降りができる
・はみ出ない
・建物の出入り口をふさがない

※駐車場にほかの車や物が置かれていると、許可がおりない場合がございますのでご注意ください。

法人の場合の保管場所(駐車場)の要件

法人名義で車庫証明を取得される場合には、通常の保管場所の要件以外に以下の点に気をつける必要があります。

・マンションの一室を事務所として利用しているなど、法人所在地と一見してわからない場合には所在証明(公共料金の請求書コピーなど)が必要です。

・店舗のお客様用駐車区画(駐車スペース)を申請駐車区画にすることはできませんので、お客様用駐車場の一部を申請駐車区画にされる場合には、明らかにお客様駐車区画出ないとわかる看板などの設置が必要です。

※取り扱いが各管轄警察署で異なるので、申請前に管轄警察署にお問い合わせください。


【千葉市内:税込5,000円】
千葉県の車庫証明申請代行お任せください。

要件

Posted by 884mstk