【引っ越し】住所変更後の車庫証明は必要?

2022年11月3日

引っ越し後にどのような自動車手続きを行えばいいのか、どのタイミングで手続きをすればいいのかよくわかりませんよね。

まだ完全に引っ越しが終わっていない場合や、住民票のみ移しただけでも手続きはできるのでしょうか?

本記事では『引っ越し後の自動車手続きや、車庫証明申請をおこなうタイミング』について千葉市林行政書士事務所が解説いたします。

引っ越し後に車庫証明の手続きは必要?

引っ越し後に車庫証明の手続きが必要かどうかは、車検証の住所変更を行うかどうかにより決まります。

車庫証明は自動車手続き時に必要な書類ですので、車検証の住所変更をしないのであれば車庫証明の申請をする必要がありません。

しかし、住所を変更したにも関わらず、車検証の変更手続きをしない場合には法令違反となりますので、基本的には車庫証明が必要になります。

住所変更後の車庫証明を申請するタイミング

法令により、所有者の住所変更から15日以内に変更手続きを行う必要があります。

しかし、住民票を移してから15日以内というわけではありません。

車庫証明の『使用の本拠の位置』は実際に引っ越しをして生活している場所になりますので、まだ生活していない場合には使用の本拠の位置とは言えません。

つまり、車庫証明を申請するタイミングとしては、『実際に引っ越しが終わった後』となります。

引っ越し後の車庫証明申請の注意点

納車時期と引っ越しが重なる場合などに多いのですが、引っ越し前に住民票のみ移して、少しでも早く車庫証明申請をしたいとお考えの方がいらっしゃいます。

この場合、実際に生活実態が無いと許可がおりないことがあるので注意が必要です。

特に気をつけなければならないのが、「駐車場付きの戸建て」です。

マンションや駐車場から離れた位置に自宅があるのであれば、現地調査(申請後に調査官が実際に駐車場を調べる)の際に実際に住んでいるかどうかまではわかりませんが、戸建ての場合だと、外観で生活していないと判断されてしまう場合があります。

例えば、「カーテンがない、庭や駐車場に物が全くない、表札がないなど」で調査員が判断しているのだと思います。

もちろん、最近では防犯のため表札を掲げない自宅の多いですが、庭に自転車やガーデニングの一つでもあるのが常識的に考えて普通だと思います。

車庫証明の抹消について

車庫証明を新しい住所で申請する場合、以前の住所で申請をした車庫証明の抹消や取り消しが必要と考えていらっしゃる方もおりますが、自動的に情報が上書きされますので、抹消や取り消し手続きの必要はありません。

引っ越し後の自動車手続き

車庫証明申請手続き

車検証の住所変更手続きを行うために、まずは車庫証明の申請を行います。

【申請先】
管轄の警察署

【必要書類】
①申請書
②保管場所使用承諾書または自認書
③地図・配置図

【日数】
平日中2日(千葉県)

【費用】
2,750円(千葉県)

車検証変更手続き

次に、必要書類を揃えて車検証の住所変更手続きを行います。

【申請先】
管轄の運輸支局

【必要書類】
①申請書など
②住民票
③車庫証明書
④委任状(代理申請)
⑤自動車(ナンバー変更がある場合)

【日数】
即日

【費用】
350円(千葉県)

自賠責保険変更手続き

最後に、自賠責保険の住所変更手続きも行っておきます。

【申請先】
加入している保険会社


【千葉市内:税込5,000円】
千葉県の車庫証明申請代行お任せください。