仮ナンバーの取得方法

仮ナンバー(臨時運行ナンバー)の取得方法について

車検の切れた車(251cc以上の自動二輪も含む)や、ナンバープレートの盗難にあった場合は、そのままでは公道を走ることはできません。そこで、運輸支局まで持ち込むためなど、一時的に公道を走らせる為の臨時運行許可(仮ナンバー申請)を申請することで、仮ナンバーをつけて公道を走行することが可能になります。臨時運行許可とは、未登録自動車の新規検査・登録(予備検査)や車検切れ自動車の継続検査を受けるために運輸支局等まで運行する場合など、運行目的・期間・経路を特定したうえで特例的に許可し、市町村などが臨時運行許可番号標(いわゆる「仮ナンバー(赤い斜線の入ったナンバープレート)」)を貸し出す制度です。

 

仮ナンバーの種類

仮ナンバーは、臨時運行ナンバーと回送運行ナンバーの2種類があります。こちらでは、臨時運行ナンバー(仮ナンバー)の手続きについて説明いたします。

・臨時運行ナンバー(仮ナンバー):個人用。1台ごとに許可を取る。赤い斜線が入る。

・回送運行ナンバー(ディーラーナンバー):ディーラー用。1台ごとに許可を取る必要がない。緑が赤で囲われている。

 

必要書類

①申請書

②自賠責保険証明書の原本(切れている場合には加入が必要)

③車検証・抹消登録証明証・登記事項等証明書(いずれか)※コピー可

④委任状

⑥本人確認書

 

仮ナンバーを借りるための要件・注意点

・有効期間内(運行期間中かつ運行最終日の翌日以降まで有効なもの)の自賠責保険に入っている。

・運行期間、運行経路、使用目的を確認。

・貸し出し日数は必要となる最小日数(運行目的や経路による)となる。

・車の種類、目的及び必要事項によっては、仮ナンバーの対象にならない場合もある。

〈千葉市での注意点〉

・仮ナンバー許可の有効期間は、原則5日間を限度としていますが、ご利用される必要最小限の日数での申請をお願いします。
・有効期間が満了した仮ナンバーは満了日から5日以内に、受付をした区役所市民総合窓口課へご返却ください。
・休日にご返却される場合は、事前に受付をした区役所市民総合窓口課へご相談ください。

 

費用

手数料 1件 750円

 

手続き先

運行経路最寄りの市区町村の役所。

※千葉市の場合は、各区役所市民総合窓口課になります。

 

仮ナンバー取得代行

当事務所では仮ナンバー取得代行を行っております。お気軽にお問い合わせください。

※税込みとなります。

 

当事務所にご依頼される場合にご用意いただく書類

当事務所では臨時運行ナンバー(仮ナンバー)のみ取得代行を行っております。代行の内容は、仮ナンバーの申請と受け取り、お客様への発送となります。返却はお客様各自でお願いいたします。

①自賠責保険証明書の原本(切れている場合には加入が必要)

②車検証・抹消登録証明証・登記事項等証明書(いずれか)※コピー可

③委任状

 

 

 

未分類

Posted by 884mstk