自分で車庫証明をとる!車庫証明手続きの手順や取り方

自動車を購入したり、引越しなどをされた場合には、車庫証明を取る必要があります。

「いつもディーラーに任せていたけど…」という方も、もちろん自分でも申請できます!

少々手間ですが、その分自動車の購入代金が安くなるかもしれません。

こちらでは、車庫証明を『自分で申請する際の方法や流れ』について解説いたします。

 

自分で車庫証明の申請をするメリット・デメリット

メリット

・自動車購入代金が1〜3万円ほど安くなるかも。
・早く手続きをすれば、納車が早まるかも。

デメリット

・平日の日中に2回(軽自動車の場合には1回)警察署に出向く必要がある。
・書類の作成が意外とめんどくさい。
・販売店によっては、自分で車庫証明を申請されることを嫌がられる。

以上のようなメリットやデメリットがあります。車庫証明手続きの代行費用を算入して車両価格を安くしている販売店などでは、自分で申請することを嫌がるケースもあるようです。

自分で申請するには何から始めればいい?

※千葉県管轄での車庫証明申請手続きの流れを紹介しております。

1, 必要書類の入手

まず。必要書類を揃えます。

購入店によっては、ある程度まで準備してくれる場合もあります。

自分で全て用意する場合は、警察署窓口まで行って入手するか、千葉県警のホームページから作成します。

駐車場を借りている場合(自己所有以外の方)には、保管場所の所有者(管理会社)に保管場所使用承諾証明書を発行してもらいます。

2, 必要書類の作成

次に、必要書類の作成をします。

申請書の書き方
自認書の書き方
保管場所使用承諾証明書の書き方
所在図,・配置図の書き方

3, 管轄警察署に申請

次に、警察署の受付時間内に申請をします。

普通車の場合

申請と受け取りの2回警察署に行く必要があります。証紙は、申請する窓口の近くで購入(申請時に2,200円分の証紙が必要です)します。
なお、この時に受取の際に必要な証紙(550円分)を同時に購入しておいても構いません。

軽自動車の場合

即日交付されますので、1回だけ警察署に行くだけで済みます。申請する窓口の近くで証紙(550円分)を購入します。

千葉県の管轄警察署

4, 管轄警察署へ受け取り(普通車)

最後に、問題がなければ、平日中2日(千葉県の場合)で交付されます。交付予定日は自動車保管場所証明引換券に記載されています。

申請時に購入しておいた証紙または窓口で証紙(550円)を購入します。

受け取りのサインとして印鑑を持ってくるように書かれていますが、ボールペンでサインをしても問題ありません。

自分で申請する場合の、申請当日の持ち物について

申請日に申請書を警察窓口でもらい、その場で作成する場合

①保管場所使用承諾書(本人が所有している土地であれば不要)
②車両の情報についてのメモや車検証のコピーなど(申請書に自動車の情報を記入する必要がある)
③Googleマップなどを印刷したもの(警察署にて手書きで記入でも可)
④現金(証紙代金)
⑤保管場所や隣接道路のサイズを計測したメモなど(事前に申請する自動車が入庫できるサイズか調べておく)
保管場所のサイズなどにつきましては、車庫証明の車庫要件をご覧ください。

事前に申請書などを事前に作成して行く場合

①作成した申請書類
②現金(証紙代金)

自分で車庫証明申請の手続きするのが難しい場合は?

自分で手続きするには、意外と時間や手間がかかります。特に、平日の限られた時間しか窓口は空いておりませんので、仕事を休んだりする必要があるかもしれません。

千葉県内の車庫証明であれば、当事務所がすぐに手続きを代行させていただきます。

お問い合わせは、電話または公式LINEなどからお気軽にどうぞ!

取り方,車庫証明

Posted by 884mstk